ポイントさえ押さえれば、借入審査なんて恐くありません。

消費者金融でお金を借りる場合、最初に借入審査を受ける必要があります。大手の消費者金融であるプロミスでお金を借りる場合も、同様に審査を受けなければいけません。審査という言葉を聞くと、必要以上に身構えてしまいますが、そこまで恐がる必要はありません。大切なことは、嘘偽りなくきちんと正直に申告をすることです。プロミスの審査に通過することが出来る人は、限定をされた特別な人ということではありません。きちんと仕事をして安定をした収入を得ている、この条件を満たしていれば、大半の方は審査に通過をすることが出来ます。

 

プロミスで行われる借入審査は、なんと最短で30分で結果が出ます。非常にスピーディーに審査を進めてくれるので、即日融資を受けるということも可能と言われています。そんな便利なプロミスの借入審査に通過するためのポイントを、ここでは5つに分けてご説明をしていきたいと思います。消費者金融からお金を借りたいと思っていてプロミスを検討されている方、是非ともこれから紹介をする5つのポイントをチェックしてみて下さい。

 

プロミスの借入審査に通過するための5つのポイント

 

年収の3分の1までの借入額制限

プロミスをはじめとした消費者金融では、貸金業法という法律に基づいて利用者に対する貸付額の限度額が決められています。総量規制というもので、年収の3分の1までの額しか消費者金融は利用者に対してお金を貸してはいけないという決まりがあるのです。年収の3分の1以上の金額を借りたいと思っても、法律によって消費者金融は貸すことが出来なくなっています。ですので、プロミスで借入審査の申し込みをする際には、借入希望額が年収の3分の1を超えていないか確認をしておきましょう。

 

WEB申し込みで気軽に消費者金融を利用

窓口で人を介して借入の申し込みをするとなると、お金に困っていることを知られてしまうことが嫌だと思ったり、お金を借りることが出来るか心配で緊張をしてしまったりと、消費者金融を利用する事そのものを考えてしまいがちです。プロミスでは、窓口による借入申し込みだけでなく、WEBからも申し込みが出来るようになっています。パソコンやスマートフォンから申し込みが出来るので、人を介することなく借り入れの手続きを進めることが出来ます。人に知られることなく自分の好きな時間に申し込みが出来るので、消費者金融からお金を借りることに対する抵抗を軽減させることが出来るのです。

 

他社で借り入れをしていないか?

プロミス以外の消費者金融などからお金を借りている方は、プロミスで借入の申し込みをしても断られてしまう可能性が高くなります。3件以上から現在借り入れをしているという方は、多額の借金を既に背負っている状況だから、新たにお金を貸しても返済出来る余裕がない、という判断をされてしまいます。3件以上の消費者金融からお金を借りている状況の方のことを「申し込みブラック」と呼んだりもします。この申し込みブラックの状況であれば、どこの消費者金融で借入の申し込みをしても審査で落とされてしまいます。プロミスでお金を借りたいのであれば、他社から借りている借金をまずは返済するようにして下さい。

 

安定した収入があるか?

お金を借りたらそれを返済する必要がありますので、安定した収入があるかということが非常に重要になってきます。安定した収入と聞くと、正社員でないといけないのでは?と思ってしまいますが、プロミスでは正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣といった雇用形態の方でも、継続して収入があり安定した収入があると判断出来れば、審査に通過をすることが出来ます。

 

嘘偽りのない申告を心がけよう

消費者金融で借入の申し込みをする方の中には、審査に通過をしたいという気持ちから、嘘の申告をする人がいます。しかし、消費者金融では信用情報機関でさまざまな情報を集めますので、嘘の申告をしていることがすぐにバレでしまいます。特に、年収や他社での借入に関する情報は、全てお見通しだと思っておいて下さい。嘘の申告をしてしまうと、信用することが出来ない人と判断をされてしまい、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。記入ミスも嘘の申告とみなされてしまう可能性がありますので、借入の申し込みに関する書類は、誤字脱字なく正しい情報で申告をするようにして下さい。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス