審査に落ちてしまう人たちには共通点がある

消費者金融からお金を借りたいと思い、審査の申し込みをした方の中には、審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。審査に落ちてしまった方というのは、落ちてしまった理由を知りたいと思うでしょう。しかし、消費者金融では、審査に落ちてしまった理由を話すことはありません。プロミスも同様に、審査に落ちてしまった方に対してその理由を伝えることはありません。

 

しかし、実際に審査に落ちてしまった方のデータを集めることで、ある程度の推測をすることは出来ます。審査に落ちてしまった方というのは、何かしらの共通点があります。共通点が分かれば、審査の申し込みをする前に自分が該当しないかを確かめることが出来ますし、改善出来る部分は改善に向けて行動を起こすことも出来るでしょう。1度審査に落ちてしまった方は、再度審査を受けても半年程度経過していなければ、再審査にも落ちてしまう可能性が非常に高いです。

 

審査に落ちた理由と推測されることを改善し、半年以上経過してから再度審査を受けるようにして下さい。それでは、プロミス審査で落ちてしまう方の共通点をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

安定した収入があるか

プロミスでは、利用条件として「20歳から69歳までの安定した収入がある方」という条件を設けています。利用条件として掲げているのですから、当然ながら安定した収入がなければ審査には落ちてしまいます。「安定した収入がある」とはどういったことを言うのでしょうか?年収ももちろんなのですが、働き方や勤め先が大きく影響をしてくると言われています。公務員や大企業の正社員の場合、収入の安定性に関しては何の問題もありません。正社員というのは、やはりかなりの強みになります。

 

正社員ではない非正規雇用者の方、例えば契約社員や派遣社員、パート、アルバイトといった方の場合は、正社員に比べると収入の安定性で問題視される可能性があります。しかし、勤続年数が長かったり、職種による職の安定性が見込まれれば、非正規雇用者の方でも「安定した収入がある」と判断をされることも大いにあります。プロミスでは、審査時に収入を証明する書類(源泉徴収票、給与明細、確定申告書)の提出が求められます。

 

信用調査の結果に問題がないか

プロミスでは、きちんと返済をしてくれるかを判断するために、金融機関との過去の取り引きを確認しています。信用情報というものを確認し、延滞や滞納などのトラブルがあり、信用が低いと評価されている方の場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。他社で既に借り入れをされているという方は、他社との取り引きにも十分に気をつけなければいけません。

 

また、貸金業法で制定されている総量規制から、年収の3分の1以上を貸し付けることが出来なくなっています。他社で既に年収の3分の1の金額の借り入れをされている方は、収入の安定性や信用調査の結果に関係なく、貸し付けを行うことが出来ないという判断になってしまいます。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス