残高スライド元利定額返済方式を理解して賢く返済をしよう

カードローンの利用を検討している場合、借りた後の返済方法について気になっているという方も多いのではないでしょうか。カードローンの返済方法としては、元利均等返済方式元金均等返済方式の2種類が一般的なのですが、プロミスではその2種類とは違う「残高スライド元利定額返済方式」を返済方法として採用をしています。

 

この残高スライド元利定額返済方式は、上記の元利均等返済方式と元金均等返済方式の2つをミックスさせた返済方式なのです。残高スライド元利定額返済方式の特徴は、返済時の元本に対して定率をかけ、最低返済額が段階的に決定していくことです。元利均等返済方式と元金均等返済方式の両方の特徴を兼ね備える残高スライド元利定額返済方式は、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?今回は、残高スライド元利定額返済方式メリット・デメリットについてご説明をしていきたいと思います。

 

返済が長期化する可能性がある

残高スライド元利定額返済方式は、月々の返済額を少額に抑えることが出来るので、利用者が返済に困るというリスクを下げることが出来ます。ただ、元本がなかなか減らないということから、どうしても返済期間が長くなってしまうのです。

 

返済が長期にわたることで、精神的苦痛を長い期間感じなければいけないというのは、利用者にとってはマイナスにはたらいてしまうこともあるでしょう。返済が長期化するということは、お金の面での負担は減りますが、精神面での負担が長続きしてしまうため、メリット・デメリットの両方を感じてしまうことになります。

 

繰り上げ返済で解決

残高スライド元利定額方式は、返済が長期化してしまうというデメリットがあります。このデメリットを解消するには、「繰り上げ返済」を行うのが最も効果的です。残高スライド元利定額返済方式は、月々の返済額が少ないことにより元本がなかなか減らない、という特徴があります。

 

この元本を出来るだけ早く減らすために、まとまったお金ができたときに繰り上げ返済を行うのです。残高スライド元利定額方式の特徴をよく理解して、計画的に無理なく返済を行いましょう。

 

返済が遅れそうなときの対応

万が一、返済日までにお金が用意出来ずに返済が遅れてしまいそうだという場合は、プロミス出来るだけ早く連絡をいれましょう。返済日までに連絡を入れなければ、延滞ということになってしまい、個人信用情報機関に登録をされている信用情報に延滞をしたという履歴が残されてしまいます。

 

信用情報は今後の借り入れに大きく影響をしますので、情報が登録される前に対応をしておきましょう。プロミスに事前連絡を入れておけば、返済日を数日伸ばしてくれることもあります。貸主と借主との信頼関係は、お金の貸し借りでは非常に大切だということを忘れないで下さい。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス